涼しげな...1

a0121966_19385242.jpg

un peu模様替えしました。
窓辺をちょっと涼しげに 
ガラスのケースやビンなどを置いてディスプレイ



Raffiaさんより 
ガラスの入れ物に入ったエアープランツが届きましたよ。

入れ物がビーカーでかわいいです。


a0121966_19473869.jpg
a0121966_1948574.jpg
a0121966_19483882.jpg

貝殻も入って涼しげです。
これからの暑い時期 夏のプレゼントにもよさそうです。





エアープランツ 最近いろいろなお店でよくみかけますね。
PCでエアープランツの育て方を調べてまとめてみました。
(長いので お時間あるときにでも読んでみて下さい。)


エアプランツの育て方
■置き場所
明るく風通しの良い所に 真夏の直射日光などが当たらないところに置きましょう。
トイレなどの密閉された空間では枯れてしまう場合もありますので、通気性の良い場所に置きましょう。


■水やり
エアープランツは夜間に葉から水分を吸収します。昼間は気孔が閉じています。そのため、夕方から夜間に水を与えるのが理想的です。水のやり方は大きく分けて2つの方法があります。
霧吹きを使い葉全体をまんべんなく湿らせるミスティングという方法と、バケツなどに室温にした水を張りエアープランツを丸ごと浸すソーキングという方法があります。

ミスティングは、週1〜2回を目安に、乾燥する季節などは少し回数を増やすようにしましょう。
ソーキングは、水に数時間程浸けておきます。室温とほぼ同じ水温で浸けるのが理想的だと言われています。

上記で説明している霧吹きでの水やりだけでは水分が不足しているという方は、月に2回程ソーキングをしてください。ただし、夏季中は湿度が高くなる為、ソーキングをする際は長時間浸しすぎないよう注意が必要です。

梅雨時期など湿度の高い時期は、ソーキングは不要です。
そして、どちらも夜間に行いましょう。

エアープランツは、非常に丈夫な植物で38度くらいの高温な環境から0〜5度 くらいの低温な環境でも生息できると言われています。しかし、湿度の高い状態が続くと腐ってしまう場合があります。ソークキングの後に、株の中心部分などに水がたまったままにならないように、逆さまに吊るしたりして乾燥させましょう。



********
[PR]
by un-peu | 2015-06-19 20:32 | handmade